サイズで選ぶ際のポイント

必ず部屋のスペースを確認する

お店でソファーを選ぶ際、ついつい可愛いから、格好がいいからと飛びついていませんか。これはとても危険な行為です。まずはソファーを置ける部屋のスペースサイズをしっかり確認しましょう。部屋のどこへ置くのかを考えておき、そこに入るサイズを必ず確認しておきましょう。また、見た目だけでソファーのサイズを判断するのも危険です。お店では小さく見えたから家でも大丈夫と購入するも、実際に家へ持ち帰ったら思っていたより大きく部屋が狭くなってしまい圧迫感がある。なんてことになりかねません。そんなことが起きないように必ずお店でソファーのサイズを確認して、部屋に入るサイズかを確認しましょう。部屋のサイズを確認するときには、ソファーを運ぶ際に通る入り口の幅もきちんと確認しておきましょう。せっかく部屋にピッタリでも入り口を通れないと置くことができません。

掃除についても考えよう

ローソファーの中でも足がついているものは注意が必要です。背の高いソファーであれば、ある程度床からの高さがあるので掃除がしやすくていいのですが、ローソファーは床からの高さが低いので掃除が難しいです。ソファーというのは、大抵一人で動かそうと思うと動かないものが多いです。女性の力ではかなりの重労働になるでしょう。ですから、いちいちソファーを動かして毎日掃除をするというのは大変ですし、面倒になり埃がたまってしまうかもしれません。元から足のついていないソファーを選ぶか、足がついているのであれば、掃除機のヘッド部分が入るくらいの高さを持ったローソファーにすると良いでしょう。ローソファーだからこそ床からの高さを注意してみてください。

こたつに入る時は、畳や床に直接座るものですが、こたつでソファーも使える様にする為、高さがあるこたつや通常のこたつに適した大きさのソファーもあります。